1. HOME
  2. 事業案内
  3. ひつじ
  4. 02.ラム肉の特徴
  5. ひつじのお肉

ひつじ

SHEEP

02.ラム肉の特徴

ひつじのお肉

◆ひつじのお肉ってどんなの?羊肉の魅力と市場価値

1.需要が伸びている中、国産羊肉はわずか0.6%!

豊富な栄養素と低カロリーな羊肉、じわじわと再ブーム化しています。しかし、国内における羊肉の自給率はなんと0.6%!(財務省「貿易統計」より)。市場に流通する国産羊肉は実のところ1%もありません。ほとんど、オーストラリアorニュージーランド産です。

2.羊肉は栄養豊富

羊肉は、牛・豚・鶏に比べて低カロリー・低コレステロール・高タンパク・融点の高い脂肪といった特徴のほか、L-カルニチン・鉄・銅・亜鉛・レチノール(ビタミンA)・ビタミンK・ビタミンB6が豊富な事が挙げられます。

L-カルニチンには脂肪の燃焼を促進する効果があり、体内でも生成されていますが、加齢とともに減少していきます。また、老化予防・認知機能改善・精神機能改善に効果があるとされています(加齢ラットを対象とした実験結果)。この他にも、鉄・銅(貧血予防)亜鉛(新陳代謝に必須)レチノール(お肌の健康維持)ビタミンK(骨や血管の健康維持)ビタミンB6(エネルギー・筋肉・血液生産、皮膚や粘膜の健康維持)などが含まれており、健康・美容に注目されています。

3.羊肉は美味しくなった!

「ラム肉って臭い」「むかしジンギスカンを食べたとき、臭いが気になった」こんな経験をされた方は多いと思います。主な原因はジンギスカンブームが起こった当時、急激な需要の増加に安い輸入肉で対応していたため。加えて輸送の際に冷凍することで肉の細胞が壊れてしまったことです。

しかし、昔と比べて冷凍技術・輸送技術は驚くほど向上し、肉の品質を落とすことなく消費者のもとへと届けることが可能になりました。輸入肉でも臭いはそれほど気になりません。「臭いが気になる」といった方にこそ、今一度食べてもらいたい!